アルバイト

初めて飲食店のホールのバイトをする人向け!仕事内容や体験談。

最近は一部地域だと短縮営業となっていますが、アルバイトとしてはメジャーな飲食店でのお仕事。チェーン店を除くとホールスタッフと厨房スタッフに分けられていることが多く、今回は募集が比較的多いホールスタッフの体験をもとに記事にしました。

ちなみに、働いている際のピークタイムの優先順位などはこちらのきじからどうぞ!

飲食店のホールで混雑したときの優先順位。行動する方針は3つ!飲食店で働いているとピークタイムと呼ばれる混雑する時間が来ますよね。店舗の規模によって忙しさは違いますが、忙しくなると何から手を付けてい...

バイトを探すには?準備するもの


バイト自体はタウンワークやバイトルなど広告媒体で探すのが一般的ですが、個人経営の飲食店に募集の張り紙等があったりします。いずれも申し込みして面接となります。面接時の持ち物は履歴書を持っていき、服装は派手すぎなければ比較的なんでも大丈夫です。髪色などは自由ですが、派手なネイルはダメなところがあったりします。基本的に制服を貸与されますが靴は自身で用意することになります。働くようになったら運動靴など動きやすい靴を用意してください。

仕事内容紹介

ホールスタッフの仕事は、お客様の来店時の案内、オーダーの注文受付、飲食物の提供、食器の回収、会計が主な作業内容になります。

来店時の接客

お客様が来店されたら人数の確認をした後、席が空いていればそのまま席に誘導をします。席が空いてなければ待ってもらい、案内ボードなどがあれば名前を記載してもらったりします。席の準備ができれば順に呼び出しを行い、席に案内していきます。案内したらお冷(水)やおしぼりなどを持っていきます。

最近だと席に誘導前に、アルコール消毒をお願いしたり、非接触の体温計で検温などを実施もあります。

オーダーの受付

お客様に呼ばれたら、注文を伺いに行きます。お店のipadやiphoneで注文を受けれるお店が最近は増えてきました。まだ紙のお店ももちろんあります。オーダーを受けたら厨房に料理をお願いします。ドリンクはお店によって自分で用意する場合があります。注文ミスをしないよう最後に繰り返し確認は必ず行いましょう。

飲食物の提供

完成した料理を運んだりドリンクを運んだりします。料理によっては取り皿なども一緒に用意します。運ぶ際は無理に一度で運ばないようにしましょう。

食器の回収

食べ終わってる食器などを見かけたら一声かけて下げましょう。定期的に食器を下げることで次の席を用意するときに早くできたり、洗い物なども終わらせることができるので片付けも早く済ませることができます。ただし、何度も何度も片づけに入るのは不快に思われるのでやめましょう。

会計

伝票を確認し、レジで精算します。支払い方法を確認してレジを操作します。現金やカード、電子マネーなど色々ありますがお店によって使えるものも違うので確認してください。もらい忘れや釣銭ミスをしないようにしましょう。私はレジに列ができていても慌てずにしっかり確認してレジを行ったほうがいいと思います。

ここが大変!バイト中大変だったこと


混雑時は作業が絶対に重なるので、優先順位をつけて1つ1つ片付けなければなりません。頼まれていたことを忘れてしまうとクレームにつながることになるので、混雑時、無理だと思ったものは待ってもらって後からお伺いするのも手です。スタッフで手があいてる人がいれば手伝ってもらったりして、スタッフ同士の連携が必要になる場面もあります。忙しい店舗だとホールのまとめ役がいたりもします。ちなみに、大体の人が仕事に慣れてくると忙しさにも慣れて、スムーズに作業できるようになることが大半なので安心してください!

仕事内容では触れませんでしたが予約などの電話対応も仕事内容に含まれる場合があります。人数や日程をききまちがえないよう注意しましょう。

まとめ

以上飲食店のホールでアルバイトをする際の仕事内容になります。忙しい飲食店を一度経験しておくと仕事の優先順位を決める基準や効率化などを考えるようになったりもするので社会人になったときにもなにかと役に立ったきがします。最初は覚えるのが大変ですが、慣れてくると考えないでも仕事ができるようになってきます。あとは個人的に飲食店を体験しておくと自分が外食に行ったときにおだやかな気持ちで食事ができる気がします(笑)

error: Content is protected !!