アルバイト

イベントスタッフのバイトは時給が高い?副業でもできる?

バイトの仕事内容紹介記事第4弾になります。
今回は、イベントスタッフの仕事内容の紹介をします。基本的に高時給の募集が多いですし、単発で参加できる案件も多くあります。最近だとバイト募集は減少傾向にありますが、まだまだ探せばありますので、応募する前にどんなことをするのかをご紹介するので参考にしてください。私は過去、東京ゲームショウなどにイベントスタッフとして参加していました。

どんな人なら面接に受かる?面接時の持ち物は?


面接時の持ち物は基本的に履歴書と通帳のコピーを用意してください。面接時はスーツかオフィスカジュアルが多いです。会社側で別途指示があった場合はそれに従ってください。

イベントスタッフに関してですが日払いや週払いなどに対応しているものもありますが、こちらもキャンペーンスタッフ同様派遣社員という形での登録が多いです。キャンペーンスタッフとの違いは、メールアドレスやラインなどで登録を行い、何日に案件があるので募集しますという形になります。希望者が少なすぎると電話がかかってきたりしますが、普通に断ることは可能です。そういった面では時間が空いてる日とイベントがかぶれば副業としても働くことは可能です。給料体系は時給というより日給幾らの形態が多いです。

仕事に参加する際の服装に関してはイベントごとに色々あります。スーツできてくださいや、運動靴とチノパンを持ってきてくださいや、イベント用のTシャツや衣装があったりなど。私は着ぐるみもやったことあります!冬だったので結構面白かったですが、夏にやれと言われてたら地獄だったと思います。

イベントスタッフは規模の兼ね合いで他のイベント会社と合同でやったりする場合があります。そのため人との交流は毎回違ったりするのでそういうのが新鮮で好きな人は楽しいと思います。イベントスタッフで出会って付き合ったという人もいますよ!

短期でまとまったお金が必要な場合イベントスタッフではなくキャンペーンスタッフのほうが稼げます。第3回でまとめましたので興味がある方はそちらも確認してみてください。

キャンペーンスタッフのバイトは時給が高い?仕事内容は?バイトの仕事内容紹介記事第3弾です。 今回は、キャンペーンスタッフの仕事内容の紹介をします。基本的に高時給の募集が多いので興味があると...

キャンペーンスタッフの仕事内容


仕事内容自体はイベントごとにかなりばらつきがあります。まず机や椅子やスペースの準備を行ったり、準備の際の荷物開封して展示したり、イベント開始してからはお客の誘導や、インフォメーションなどを行ったり、トラブル対応や警備の見回りなどが主な仕事です。ちなみに2日間のイベントの場合などは片方だけ出てもいいですし、泊まり込みで参加することも可能です。荷物などは会社ごとにまとめて預ける感じですが貴重品などは持ちあるける範囲のみ持っていくのがいいと思います。こういう時って盗難トラブルがつきものなので・・。

仕事としてはイベントの入場などでの誘導作業は飲食店のピーク時みたいにすごい忙しいって感じですが、それが終わってしまうとほんとすごいゆるい感じで一日が終わります。休憩時間にはイベントを回ったりできる場合もあります。そこは会社によったりしますけど、ゲームショウなんかだと見回り行ってきますといって軽く回って遊んでたことはありました。通常は商品を買ったりはできませんが、交渉次第で行ける会社もありますよ。あとはお昼などはお弁当の支給があったりする場合もありました。

まとめ

イベントスタッフは自分の気になるイベントがあるときはイベント名+バイトなどで検索すると同じ時期にイベントのスタッフ募集してる場合があるので参加すると楽しめるし、裏側も見れて面白いですよ!半分遊びみたいなゆるい感じの仕事が多いので気軽に参加できるのもいいと思います。色々な人に会えるので出会いを探している方や長期休みは大学生の参加者も多いので大学生の短期バイト先としてもいいと思います!

error: Content is protected !!